前へ
次へ

周りにギザギザが入っている10円玉の価値

硬貨にはいろいろな加工がされていて、1円玉と5円玉、そして10円玉の周りはすべすべになっています。
50円玉、100円玉、500円玉は周りにギザギザの加工がされていて、目の不自由な人でも区別ができるようになっています。
ただ古い硬貨の中には今の加工とは異なるタイプがあります。
10円玉は比較的古くから今のデザインが採用されていて、昭和30年代や20年代に発行されたものを見かけることもあるでしょう。
実は昭和30年代の初めまでは周りはすべすべではなくてギザギザの加工がされていました。
今でもたまに受け取ることがあるかもしれません。
よくギザジュウと呼ばれています。
今でもお釣りの中に混ざるぐらいなので、ギザジュウだから古銭買取で高い価値がつくことはあまりありません。
未使用なら数万円で買取してくれるところもあります。
その中でも発行枚数が少ない年数のものはちょっぴり高値を付けてもらえます。
昭和33年は発行枚数が非常に少なかったので、数十円で買い取ってもらえるかもしれません。

穴のない50円玉はどれくらいの価値があるか

日本の硬貨の中で穴のある硬貨として5円玉と50円玉があります。
50円玉は5円玉よりやや小さいのが特徴と言えるかもしれません。
それぞれの硬貨はデザインや大きさなどが定期的に変わっていて、50円玉は過去に穴のないタイプが発行されていました。
大きさは今の100円玉よりも大きなサイズでした。
穴のない50円玉が発行されていたのが昭和30年代の始めで、年によって発行枚数がかなり異なります。
昭和30年となると古くなるものの発行枚数が多いのでよほどきれいでないと50円以上の価値はつかないかもしれません。
一方昭和33年は発行枚数が少なく、多少汚くても50円以上で買取してもらえる可能性があります。
古銭買取において穴のない50円の話をするとき、古い50円玉以外にかちのあるものが話題になるときがあります。
エラーコインと言われていて、本来穴が空いているはずの部分にきれいな穴がありません。
全く穴がないものもあれば、少しずれて穴が空いているものもあります。
エラーコインは数万円の価値がつくとされています。

Page Top